シミの予防や改善にも効果的な泡洗顔

 

泡洗顔が美肌を手に入れる第一歩

 

泡洗顔を意識して行うことで、美肌を手に入れる第一歩になります。

 

若々しく美しい素肌を手に入れるためには、顔の汚れをしっかりと落とす、洗顔をすることがとても大切です。

 

毛穴に汚れが詰まったままですと、毛穴は黒ずみますし、広がります。

 

角質や皮脂の汚れが詰まってしまい、アクネ菌の働きもあって、ニキビも出来やすくなります。

 

さらに、ニキビが繰り返してできるので、常に肌状態はアンバランスの繰り返しです。

 

顔を洗う行為は毎日のことであり、余りにも当たり前の行為であるために、いつの間にか自己流の洗い方に変わっていることも多々あります。

 

正しい洗顔は肌を清潔に保ち、状態を健やかにしますが、誤った洗顔方法を継続しますと、肌は次第によくはない状態に変わります。

 

美しく若い肌を維持するならば、洗顔は見直していく必要があります。

 

汚れを落とすことは大事ですが、洗顔料を泡立てないで使ったり、直に肌に塗りつけたり、ゴシゴシと皮膚を摩擦するような洗い方をすると、肌はダメージを受けてしまいます。

 

美肌を目指すのであれば、洗顔時には洗顔料を、よく泡立てて使うことが必須となります。

 

石鹸や洗顔フォームなどを、泡立てネットなどを利用して、水分を含ませてよく泡立てましょう。

 

顔を洗うときには、その泡でマッサージをするように洗う、泡洗顔が基本の洗い方です。

 

肌を摩擦することもありませんし、泡の弾力で汚れは落とすことができます。汚れを塗りなく落として、美肌に変わります。


泡洗顔の効果的な洗い方とポイント

肌は日常生活における外気の影響や、皮膚が生まれ変わるサイクルにより、皮脂や汗・ホコリなどの汚れが溜まっていきます。

 

皮脂は油分なので、放置して酸化させてしまうと老化を招く過酸化脂質になったり、ホコリなどの汚れは細菌の温床となり吹き出物やニキビの原因になります。

 

これらの肌に余分なものを洗い流すのが洗顔の目的で、さらに新陳代謝により肌の表面に浮き上がった古い角質を、洗顔料や洗顔石鹸で落としてあげるので、肌に透明感とみずみずしさが戻ってきます。

 

泡洗顔は洗顔料や洗顔石鹸をよく泡立てる洗顔方法で、汚れがしっかりと落ち肌へも優しい洗い方です。

 

きめ細かく泡立てると、泡に汚れが吸着しやすくなり、すすぎの際も簡単に洗顔料が流れ落ちます。少ししか泡立てないと、泡が汚れを吸着してくれません。

 

また、洗顔料は泡状の時と比べて水で落ちにくく、すすぎ不足におちいる可能性もあります。

 

泡洗顔の洗い方は、手の平に適量の洗顔料を取り出し、水を加えながら空気を含ませるように指で泡立てます。手だけで簡単に泡立てることができますが、泡立て専用のネットやスポンジを使うと、より簡単にきめ細かい大量の泡を作り出すことができます。

 

泡ができたら、まずは皮脂の分泌が多いTゾーンに乗せて、肌の上で泡を転がすように優しく洗いましょう。

 

黒ずみが気になる鼻などは力をこめずにマッサージするように泡を転がします。

 

最後に口や目元などの皮膚が薄く敏感な部分を洗い、最後にしっかり泡を洗い流して下さい。

泡洗顔はシミの予防、改善にも効果的

シミの原因がメラニン色素であることは広く知られています。

 

メラニン色素は紫外線を浴びすぎることや、肌に物理的なダメージが加えられた際に、特に過剰に分泌されます。

 

これはメラニン色素が、そうした存在から肌を守る役割を果たしているためです。

 

紫外線はともかくとして、肌に物理的ダメージが加えられることなんて滅多にない、と思い込んでいる人も多いかもしれません。

 

しかし実は、日々の洗顔やスキンケアが肌への物理的ダメージになっていることも、決してないとは言い切れないことです。

 

特に洗顔に関しては、洗顔料などをあまり泡立てないで顔にのせて、ごしごしと肌を擦るようにして洗っている人もいるかもしれません。

 

そうした洗顔がダメージとなって、最終的にはシミの発生につながることもあります。

 

ですからあわゆる泡洗顔と呼ばれるような、洗顔料をしっかりと泡立てたその泡を、指と肌の間のクッションにして、肌を擦らないようにして洗顔することはシミ予防や改善においては、非常に重要なことです。

 

更にもうひとつ、泡洗顔には汚れ落ちが良くなると言うメリットがあります。

 

洗顔でできるだけ汚れを落とすことは、とても大切なことです。

 

何故かと言うと、落としきれなかった汚れが蓄積されると、それは肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期を乱れさせるためです。

 

ターンオーバーはメラニン色素を排出させることから、シミの発生を防ぐためには大きな役割を果たしています。

 

よって泡が不十分な洗顔を続けていると、ターンオーバーが乱れがちになり、メラニン色素がシミとなって肌表面に出現しやすいため、これを防ぐうえでも泡洗顔はシミ予防、改善に有効だと言えます。

敏感肌やニキビ肌の方に泡洗顔がおすすめ

敏感肌やニキビ肌の方には泡洗顔がたいへんおすすめです。

 

敏感肌やニキビ肌には刺激を与えることは絶対にいけません。

 

どちらも肌のバリア機能が低下している状態なので、できるだけ刺激を少なくして肌に負担をかけないように洗顔を行う必要があります。

 

ほこりなどの汚れは水だけで落ちるのですが、ファンデーションの残りや皮脂汚れは水では落ちないので、必ず洗顔料を使うようにしてください。

 

肌に刺激を与えることが厳禁なので、泡立てネットを使いたっぷりと泡立ててから顔にのせます。きめ細かな泡がクッションの働きをするので、洗顔時の摩擦が少なくなります。

 

毛穴の中の汚れを泡で包みこんで浮かすようなイメージで洗うことが大切です。

 

汚れを綺麗に落としたいからといってごしごし擦って洗うのはいけません。

 

擦って洗うとニキビがつぶれて、肌の真皮層にまで炎症が及んでしまい、ニキビが治った後に月のクレーターのようなニキビ跡が残ってしまう危険性があります。

 

ニキビができているところは、泡を乗せておくだけでも十分に汚れが取れます。

 

敏感肌の方もゴシゴシ擦ることで摩擦が生まれ、角質を傷つけてしまうので無添加の洗顔料を使いやさしくなでるように洗ってください。

 

洗顔後はすすぎ残しがないように、ぬるま湯を使い何度もすすいでくださいね。

 

シャワーを直接顔にあててすすぐ方がいらっしゃいますが、刺激を与えてしまうのでやめておきましょう。

 

洗顔後は乾燥から肌を守るために、時間を置かずに化粧水などで保湿をしてくださいね。

気になる黒ずみを解消するなら泥泡洗顔が最適

しっかりと洗顔、スキンケアをしているつもりでもいつの間にか毛穴に黒いものができていたり、黒ずみができていたりします。

 

その原因の一つは毛穴の汚れがしっかりと落ちきっていないことにあります。

 

肌は昼間、メイクや皮脂、埃や古い角質などがついて思った以上に汚れた状態になっています。

 

そしてそれらをクレンジング、洗顔によってしっかり落とすことにより肌はリセットされるのですが、この際の洗顔が不十分だと汚れが落ち切らずに残ってしまいます。

 

そしてそれが毛穴詰まりを起こして黒い角栓のような黒ずみとなってしまうのです。

 

そのようになってしまうと洗顔をしてもなかなか黒ずみを取ることはできず、無理に取ろうとすると肌を傷つけてしまい跡になってしまう可能性もあります。

 

そんな黒ずみを肌に負担なく取り除くことができるのが泥泡洗顔です。

 

おすすめなのはどろあわわというどろ豆乳石鹸になります。どろあわわ評判もなかなか良くて泡洗顔には最適だと思います。

 

泥泡洗顔に配合されている泥成分には毛穴の奥の汚れまでしっかりと吸着する効果があります。

 

しかも濃密な泡で優しく洗うので肌に負担をかけることがありません。

 

そのため毛穴詰まりを起こしている敏感な状態の肌にも優しく使え、黒ずみの原因である毛穴詰まりを取ることができるのです。

 

汚れをしっかり落とすことができれば、その後のスキンケアも効果的に行うことができます。

 

汚れがないクリアな状態ならスキンケアの有効成分が肌の奥まで届きやすくなるため、自然と美肌になるのです。

 

それにより毛穴詰まりを起こしやすかった肌状態も改善されるので黒ずみ予防にもなります。

 

このように気になる黒ずみの解消・改善には濃密な泡で洗い上げる泥泡洗顔がおすすめです。